您当前所在位置:首页 > 外语版 > 日语版
日语版
字号:[ ]视力保护色:

馬鞍山は安徽省の最東端に位置し、長江を跨ぎ、南京に繋がり、長江デルタ経済区に隣接し、安徽省の東玄関、南京の後庭園と呼ばれている。

馬鞍山市は、1956年に市制がしかれ、現在では三つの県、三つの区と一つの国家級経済技術開発区、一つの国家級ハイテク技術産業開発区、一つの省級ハイテク技術産業開発区、六つの省級経済技術開発区などを管轄しており、総面積は4049平方キロメートルで、総人口は230万人を有しておる。その内、市中心区の面積は704平方キロメートルで、都市化率は61%に達している。

-----基盤の強い工業都市

馬鞍山市は鉄鋼業を基盤として設立され、工業が主導であり、第2次産業比率は68 . 1 %にも達している。一定規模以上の工業企業が639社あり、その内9社が上場企業である。また現在では、鉄鋼、機械、自動車、電力、化学、建材、食品、鋳物などのいくつかの産業グループを形成している。各種の加工設備がそろっており、産業集合力の強い町でもある。馬鞍山鉄鋼は国内最大規模の上場会社の一つで、星馬は特装車の生産量、販売量及び市場シェアにおいて全国1位である。

------活力が充ちた創造都市

現在、馬鞍山市には安徽工業大学などの各種の高等教育機関が6校、、国家級プロセス研究センターが4ヵ所、国家級企業技術センターが1ヵ所、国家ハイテク創業サービスセンターが1ヵ所がある。全市の科学技術人材総数は17.4万人で、住民1万人当たりの専門技術者は820人で、発明特許件数は1.6で、全国の同レベルの都市の中ではトップクラスである。国家新素材ハイテク産業化の基地や国家知的財産権のモデル都市、全国創業型都市のモデル市でもある。

------長江により海へ通じる交通の中枢都市

水運、陸運、空運などの交通インフラが完備されている。馬鞍山港の年間貨物取扱量は5000万トンに達し、長江十大港の一つであり、国家一級の港でもある。現在建設中の和县鄭蒲港の年間取扱量は1億トンに達し、長江流域では四番目、安徽省内では一位の港になることが期待されている。馬鞍山市は、南京禄口国際空港から30キロメートルたらずの所にある。また長江に沿った都市間高速鉄道が完成のあかつきには、上海まで一時間半、北京まで三時間で行けるようになる。

-------歴史深い人文都市

含山県にある凌家灘古文化遺跡と市郊外にある煙敦山遺跡は今から5300年前のもので、特に凌家灘古文化遺跡は中国都市の起源より1000年ほど早く作られた町で、「中華遠古文明の曙」と国内の考古学会では称されている。

-------住み易い文明都市

山や湖に囲まれ、典型的な江南風景に満ちた山水園林都市で、全国でも数少ない国家園林都市、中国優秀観光都市、国家環境保護模範都市、全国緑化模範都市、中国住居環境模範賞など各種の名誉を持つ都市の一つである。2009年1月には中部六省の86都市の中から最初に「全国文明都市」の称号を獲得した。